ホーム 診療案内 クリニック紹介 医師紹介 Know's 脳 ギャラリー アクセス

 今回は『くも膜下出血』についてお話します

 

脳卒中の種類であり、特に働き盛りの年齢層を襲う最もこわい病気の一つです。心筋梗塞と共に、突然死の原因として有名です。

 

突然の頭痛です。
後頭部痛が一般的ですが、目の奥やこめかみのこともあります。重症では意識を失いますが、軽症では風邪ぐらいの頭痛と間違われます。過去に経験のない突然の頭痛では要注意です。

 

脳動脈瘤の破裂が原因です。脳動脈瘤は、高血圧の有無に関係なく脳の動脈の先天的に弱い所に発生し、ちょうどおもちを焼いてふくらむように増大して、最後は破裂してします。破裂するまでは無症状ですから前兆はありません。出血が一時的に止まれば頭痛だけですが、止まらなければ、意識を失い呼吸も停止し命を落としてしまいます。

 

再破裂の危険性が高いので緊急的に脳血管撮影を行い、出血の原因である脳動脈瘤の位置や大きさを検索します。内科的には、再破裂を完全には予防できないので手術が必要です。

 

全身麻酔のもとで開頭し、手術用顕微鏡を用いたマイクロサージェリーにて動脈瘤を剥離しクリップをかけます。また最近では、血管内手術が進歩し、極細カテーテルを動脈瘤内まですすめ、動脈瘤を内側から柔らかい金属製コイルで閉塞する方法もあります。これは局所麻酔で開頭もしないので今後広まっていく治療法です。しかし、どちらの手術法にせよ手術が成功しても、最初の出血により脳細胞が障害されたうえに、出血後2週間は脳の血管が全体的に縮み血行障害が重なるので、元通りに回復するとは限りません。

 

1970年頃からの顕微鏡手術の進歩、80年代のCT、90年代のMRI装置の開発、最近の血管内手術の進歩により脳神経外科の治療成績は著しく向上しました。しかし、最新の医療をもってしても、いったん動脈瘤が破裂してしまった後のくも膜下出血の治療成績は、今でも死亡率が30〜40%です。助かっても後遺症が残ることもあり、もとの生活に戻れる人が約半数以下なのです。


   

ページトップへ戻る